オンラインカジノの利益は税金を払わなくてはいけない?

オンラインカジノをやっている人は一攫千金を夢見る人も多いのではないでしょうか?実際に「ジャックポット」を引き当て1億7,787万円を当てた豪運の日本人も過去にいました。ギャンブルとしてではなく、投資としてオンラインカジノを利用している人もいると思いますが、そんな人たちが出金する前に必ず知っておかなければいけない情報が「税金」です。これを怠ると処罰の対象となってしまいます。

なぜ税金を払わなくてはいけないのか?

日本における居住者は「全世界課税方式」というものがあり、海外で稼いだお金でも所得として申告しなければなりません。カジノなどで得た所得は「一時所得」と言われるものに分類されるので、キチンと日本の税務局に納税することになります。

ランドカジノの場合は、海外に行ってプレイしていますので現地のゲームによっては徴収されている場合もありますので、その場合は日本にて申告する必要はありませんが、されていない場合も同様に「一時所得」と見なされて申告の義務が発生いたします。

オンラインカジノの場合は、海外に行ってプレイしているようなものですが、サイト内で徴収されていることはないので全額日本で納税をしなくてはいけないということになります。

一時所得とは?

「一時所得」とは、営利を目的としていない所得となり、一時的な収入のことを指します。

1,懸賞による賞金
懸賞ハガキやサイトなどで「賞金」が当たった場合はコレに該当します。福引などによる当選金なども対象になります。

2,競馬・競輪・競艇などの払戻金
競馬・競輪・競艇などは公共ギャンブルとなり、コレによる払戻金で利益がでた場合該当します。

3,生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
保険の満期による保険金など一時金を受け取った場合にはコレに該当します。

4,遺失物拾得者や埋蔵金発見者の受ける報労金
財布を拾った時に多額の現金が入っていて持ち主が出てこなかった場合や埋蔵金を発見してえる報奨金もコレに該当します。

他にもありますが、このように臨時的に入ってきた収入で偶発的なものを「一時所得」として見なされます。

競馬や競艇の場合

競馬や競艇で納税している人なんて少ないでしょ?と思われる人も多いかもしれません。確かに趣味でやっている程度の人ならば納税しなくてもバレないことも多いのも事実です。それは現金による払い戻しになるために、税務局も誰がいくら賭けていくら勝ったのか、というものがわからない場合が多いためになります。

例えば10万円を賭け、3万円の払戻金があった場合は7万円の損失となります。払戻金だけを見れば3万円利益を得ているから税金を払わなければいけないとなったら誰も公共ギャンブルなんてやらなくなるかもしれません。そのため多額の払戻金などでない場合はスルーされている場合が多いというだけで払わなくていいという訳ではありません。

オンラインカジノの場合

オンラインカジノの場合は入出金は全て電子サービスを利用することになります。クレジットカードや銀行入金などになると、1円単位まで全て記録として残ってしまいます。

オンラインカジノからの入金がありそれを放ったらかしにしていると、税務局の人間が必ず見つけてきます。そのため自分口座に入金させるならば納税しなくては処罰の対象となるので、必ず申告するようにしましょう!

オンラインカジノで納税した場合会社にバレてしまうのか?

会社に勤めていて「オンラインカジノ」で収益を得ているとバレてしまうのが嫌という人もいると思います。
確定申告の申込書に「住民税に関する事項」という記入欄があります。その中に「給料から差し引き」という徴収方法にしてしまうと、会社で申告している住民税より増額してしまうのでバレてしまいます。

これを防ぐ手段としては先ほどの項目の中の「自分で納付」にする必要がありますので、注意してください!

解決方法

確定申告をしなくても、バレないようにする簡単な方法もあります。それは自分の口座に入金する金額や時期を考えるということです。

税務署にバレるのは勝った時や賞金を得た時ではなく、自分の口座に入金した記録でバレてしまいます。例えばオンラインカジノで1,000万円勝ったとしても自分口座に入金するのは年間50万円に抑えることで申告の義務は無くなります。

月に4万円入金する形でもいいですし、10万円を5回に分けるなど50万円を超えないようにするという手段も一つの方法となります。