オンラインカジノでの入出金と気をつける点

オンラインカジノで必要な入金方法をまとめてみました。どのサービスを使用するかはそれぞれの特徴をよく理解した上で自分に一番あうサービスを利用するようにしてください。

入出金方法

オンラインカジノをやりたい時はお金をカジノへと入金しないと出来ません。ですが、オンラインカジノは海外運営サイトになるので入金するには少し特殊な手段が必要になる場合がありますので、取り扱い出来るものをご紹介します。

クレジットカード

一番わかりやすい方法です。クレジットカードを使いオンラインカジノに入金するだけですが、出金はクレジットカードでは出来ないので結局他のサービスを使うことになります。それにクレジットカード会社によっては使用出来ないことが多いです。

VISAカードやMasterCardは対応しているところが多いですが、アメックスやダイナース・JCBなどは対応していないところが多いので他のサービスを頼るしかありません。

入金のみにおいては、手軽さ、手数料、入金スピードなどはとても優秀なのでおすすめは出来ますが、他のサービスとの連動が一番おすすめ出来ます。

エコペイズ

エコペイズは、オンラインカジノをこれからやっていくつもりがあるのであれば一番登録しておいた方がいいサービスになります。

理由としては、日本語対応のオンラインカジノではすべて対応可能という点です。それと様々な入金や出金方法が対応しています。

ecoアカウントを持ち必要な時に好きな通貨での入金をすることが出来るメニューなどが多数用意されています。クレジットカードで入金した人はエコペイズを登録して出金するという方がとても多くいます。日本人サポートも充実しているので一番おすすめの出来る手段と言えるでしょう。

アイウォレット

アイウォレットは香港を拠点においているオンライン決済サービスとなっています。

オンラインカジノでの入出金だけでなく、ショッピングなどにも使用可能となっています。

入金方法は銀行振込とクレジットカードなどがあり使い勝手はとてもいいものとなっています。唯一のデメリットは、オンラインカジノで対応しているところが少ないという点です。誕生してすぐの時は、ジパンググループのみの対応出来たが、徐々に増えつつあります。

仮想通貨

何かと話題のつきない仮想通貨ですが、今は価格高騰や暴落などがあり投資目的に購入される人が多いですが、本来の使い方としては海外送金などの手数料を安くして入出金をスムーズにするために作られたと言われています。

メリットとしては入出金がスムーズであるというところと手数料が安いというところになります。オンライン決済サービスなどは現金化するときに手数料がかかってしまいます。ですが、仮想通貨の場合は手数料が安く現金化まですることが出来ます。

デメリットとしては仮想通貨は価値が変動してしまうというところにあります。

入金した時より価格が上昇している時に出金しないと損をしてしまうというところが最大のデメリットになります。

ヴィーナスポイント

ヴィーナスポイントのおすすめ出来るところがポイントを貯めることが出来るという点です。オンラインカジノで勝ったお金をヴィーナスポイントに入れることで、勝った資金のみだけではなく、一緒にポイントがそのたびにつきます。

ですが、クレジットカードを使いヴィーナスポイントを購入してオンラインカジノでの入金ということは出来ないので、クレジットカードで入金して出金に困っている人が登録することが多いようです。

カジノで勝ったお金をヴィーナスポイントにしてさえあれば、対応可能のオンラインカジノならば入金することが出来るので、クレジットカードと連動して使うことをおすすめします。

ペイトラ

クレジットカードが一切不要で入金することの出来る決済サービスになります。登録も簡単で10分前後あれば登録することが出来ます。

入金方法は銀行振込になるので、オンライン口座の準備が必要になりますが、クレジットカードが使用できなかった人や持っていない人でも、オンラインカジノに入出金することが可能となるサービスとなっています。

アストロペイ

アストロペイは「アストロペイカード」と言われるプリペイドのようなバーチャルカードを購入して送金出来るようなシステムとなります。

バーチャルカードの購入にはクレジットカード、デビットカード、Eウォレットなど様々な方法で購入することができます。

オンラインカジノの注意点

オンラインカジノで出金する際は必ず口座が必要になってきます。一番気をつけなくてはいけない部分とは、税金です。

パチンコや競馬のように現金手渡しの時はどれだけ勝っているのかというのがわからない部分があるので税金対策をしている人は少ないですが、オンラインカジノは口座に記帳されてしまうために脱税をするとすぐにバレてしまうので、必ず納税しなくてはいけません。